2014年06月21日

月山(1984M)'14.6

山域:月山
アクセス:西川町志津
天気:曇り
気温:朝15℃、帰り24℃(駐車場)
行程:駐車場(8:57)-リフト下駅(9:07)-リフト上駅(9:37)-姥ヶ岳(10:01)-(10:04)-金姥湯殿山分岐(10:14)-牛首(10:39)-山頂台地末端(11:13)-神社-山頂-三角点(11:26)-(11:38)-胎内岩(12:04)-(12:18)-山頂台地末端(12:33)-牛首(13:07)-金姥湯殿山分岐(14:02)-姥ヶ岳(14:15)-(14:22)-姥沢小屋跡付近(15:02)-駐車場(15:13)
コースタイム:三角点まで149分(トータル376分)
沿面距離:12.7km

IMGP5740_R.JPG

姥ヶ岳


IMGP5715_R.JPG

リフト下駅まで道路がでていた

IMGP5717_R.JPG

リフト運休中のため、リフト下を直登する

IMGP5719_R.JPG

工事現場

IMGP5721_R.JPG

ニッコウキスゲが咲き始め

IMGP5733_R.JPG

ウサギギク

IMGP5736_R.JPG

ハクサンチドリ

IMGP5747_R.JPG

姥ヶ岳への登り

IMGP5751_R.JPG

月山

IMGP5757_R.JPG

チングルマ

IMGP5761_R.JPG

イワカガミ

IMGP5775_R.JPG

牛首分岐付近は雪どけが進んだ

IMGP5777_R.JPG

姥ヶ岳方面を振り返る

IMGP5779_R.JPG

牛首分岐過ぎの雪斜面(歩行注意)

IMGP5789_R.JPG

山頂台地上の様子(ややガス模様)

IMGP5793_R.JPG

ハクサンイチゲが満開

IMGP5798_R.JPG

三角点の様子

IMGP5800_R.JPG

コメバツガザクラ

IMGP5829_R.JPG

エゾノツガザクラ?

IMGP5855_R.JPG

クロユリはまだつぼみ

IMGP5918_R.JPG

イワウメ(胎内岩付近にて)

IMGP5936_R.JPG

アオノツガザクラ(咲き始め)

IMGP5955_R.JPG

鍛冶月光のミヤマキンバイ

IMGP5966_R.JPG

姥ヶ岳へ向かう

IMGP5978_R.JPG

柴灯森付近の登山道沿いで

IMGP5981_R.JPG

クロユリ発見

IMGP6037_R.JPG

月山〜金姥(姥ヶ岳手前から)

IMGP6044_R.JPG

ヒナウスユキソウ

IMGP6062_R.JPG

ショウジョウバカマ

IMGP6067_R.JPG

姥ヶ岳大斜面を下る

IMGP6075_R.JPG

スキー、ボードはここまで滑ることができた

IMGP6080_R.JPG

姥ヶ岳〜月山(駐車場から)


可能な行くはずだったが、天気がいまいち、気分も乗らないということもあり、今シーズンの6月は今回が初。

天気
曇り一時晴れ間。ややガス模様のところもあった。

リフト
夏リフトに架け替える際に一つの支柱の土台に不具合を発見した模様。7/12までリフトは運休とのこと。登るのは大したことないと思っていたが、そこそこ絞られた。


・去年より雪どけは早い感じ。木道と雪の境目もほぼ問題ないレベルになった。
・今日の雪質は、ややかためで滑りやすい。

人出
リフトが動かないので、帰る人もそれなりにいた様子。スキーヤーが板を背負ってリフト下を歩く様に感服。

登山道の状況
・リフト下:木で囲まれているので風がなく暑い。ブヨも多い。リフト下の花を間近で見られるのはいい。
・姥ヶ岳のベンチ下より少し上が夏道。
・姥沢小屋跡の巻道は雪の壁の斜度が45度とかで通行禁止。
・牛首分岐は夏道が露出。その先の雪付が少しいやらしい。

花(記憶に残ったもの)
・リフト下:ニッコウキスゲ(咲き始め)、ハクサンチドリ、マイヅルソウ、ウサギギク(咲き始め)
・姥ヶ岳:チングルマ(終わりかけ)、イワカガミ、ミヤマウスユキソウ、ショウジョウバカマ
・金姥〜柴灯森:ミヤマウスユキソウ、チングルマ、ミヤマキンバイ、シラネアオイ(ほぼ終わり)、クロユリ、ゴゼンタチバナ、ミヤマカラマツ、タカネナマカマド、ツマトリソウ、ハクサンチドリ
・牛首:シラネアオイ
・鍛冶月光:ミヤマキンバイ、エゾノツガザクラ?
・山頂台地:ハクサンイチゲ、イワウメ、コメバツガザクラ、エゾノツガザクラ?、アオノツガザクラ、ミヤマリンドウ(フライング)、ミネズオウ、チングルマ、ショウジョウバカマ


雪が少ないようだが、クロユリはまだつぼみ。しかし雪どけが進んだ場所の花(シラネアオイ)は例年並み。花の見頃を微妙に外したことで、少し気落ちして鍛冶月光を下っている時に、月山に詳しそうな女性に花について色々教えていただいた。その方によると、柴灯森付近でもクロユリが咲くということで、今日も登る際に発見したとのこと。それはぜひ見てみたいと思い、情報通り散策した。すると計4輪咲いていたのを発見。山頂のクロユリはつぼみだったこともあり、咲いた状態のものを予想外の場所で見ることができ、かなり感激した。余りにも喜びすぎて、カメラを道端に落としてしまった(カメラは少し傷が付いただけですんだ)。

余力があったら、キヌガサソウを見に装束場近くまで下りるつもりだったが、リフト下の登りで予想外に消耗したので寄らずに帰る。体力不足を痛感。
ラベル:登山 姥ヶ岳 月山
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 月山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。