2013年05月18日

面白山(1264.4M)'13.05

山域:二口山塊
アクセス:天童市天童高原
天気:晴れ
行程:駐車場(8:21)-長命水分岐(9:00)-三沢山(9:31)-(9:46)-面白山山頂(10:44)-昼食等-(11:49)-かもしか分岐(12:56)-長命水分岐(13:19)-駐車場(13:56)
コースタイム:山頂まで143分(トータル335分)※ペースゆっくり!
沿面距離:8.3km

IMGP8001_R.JPG

天童高原から月山、葉山、鳥海山


IMGP8038_R.JPG

三沢山から面白山

IMGP8054_R.JPG

山頂近くから西側の眺め

IMGP8058_R.JPG

月山、葉山、鳥海山

IMGP8061_R.JPG

月山、葉山

IMGP8083_R.JPG

船形連峰

IMGP8097_R.JPG

飯豊、山形市方面

IMGP8142_R.JPG

朝日連峰(手前は天童高原)

IMGP8131_R.JPG

鳥海山〜丁方面

IMGP8078_R.JPG

牡鹿半島方面

IMGP8170_R.JPG

船形山

IMGP8207_R.JPG

杢蔵山(左奥に甑山、右奥に大仙山)

IMGP8205_R.JPG

八森山〜火打岳

IMGP8210_R.JPG

小又山、神室山

IMGP8208_R.JPG

栗駒山(奥に見える山)

IMGP8197_R.JPG

鉢伏山、飯森山、栂峰

IMGP8198_R.JPG

以東岳

IMGP8171_R.JPG

平岩山〜大朝日〜中岳〜西朝日、手前に鳥原山、小朝日、古寺山

IMGP8181_R.JPG

飯豊本山、大日岳

IMGP8185_R.JPG

梅花皮岳、北股岳(間に石転び沢)

IMGP8192_R.JPG

雁戸山(中央付近)

IMGP8190_R.JPG

熊野岳、刈田岳

IMGP8186_R.JPG

葉山

IMGP8226_R.JPG

月山

IMGP8168_R.JPG

鳥海山

IMGP8252_R.JPG

蔵王方面の眺め

IMGP8257_R.JPG

キクザキイチゲ

IMGP8124_R.JPG

ヒメイチゲ

IMGP8013_R.JPG

タムシバ

IMGP8011_R.JPG

ムシカリ

IMGP8289_R.JPG

チゴユリ

IMGP8270_R.JPG


IMGP8295_R.JPG


感想:
どこも天気が良さそうで、どの山に行くか非常に迷ったが、間を取って山形の主要な山を一望できる面白山に決定。出発準備が遅れたこと、(´▽`)さんも同行ということで、手軽に行ける天童高原から行く。

天童高原からすでに裾野からはっきり見える鳥海山、月山、葉山が見えてモチベーションが上がる。下の方は緑が爽やか。花はヤマザクラ、チゴユリ、スミレが主。一部ムシカリも咲き始めていた。なだらかな遊歩道といった感じの足場のしっかりした登山道をある程度進み、三沢山への尾根に取りつく。ここから山登りになる。木々の間から差し込む日差しが強く、そこそこ暑く感じる。(´▽`)さんは今シーズン初の高めの山ということもあって息が上がっていた。登るにつれて木々の葉っぱが小さくなる。そして三沢山山頂。予想通り眺めは良好、下から見えなかった朝日も良く見える。(少し虫がうるさいが)。少し休んでから上を目指す。この辺りからタムシバが沢山咲いていた。登山道沿いにはヒメイチゲ、上の方にはキクザキイチゲも咲いていた。

最後の急坂を登り山頂へつづくなだらかな稜線に着くと、朝より少し薄雲が出てきたが、絶好の光景が広がる。ここまで見えるのは2度目。北は栗駒山の一部、神室、丁、鳥海山、西は葉山、月山、朝日、飯豊、南は飯森、吾妻の一部、そして蔵王(屏風)、東は牡鹿半島とこれ以上見えないほど見えた。近くの低山、市街地の様子もよく見えた。早速撮影タイム、そして昼食を取る。人出もそこそこ多く、かもしかコース、天童高原方面から続々やってきた。十分に堪能してから下山。帰りはかもしかを下りる。急なところは(´▽`)さんはまだ大変そう。そして分岐からは山肌を巻く道を行く。一部細くなって左側が崖になっているので慎重に。イワウチワは咲き終わり、そして元来た道に合流した辺りから、エゾハルゼミの鳴き声が聞こえてきた。山の夏はもうすぐ。
ラベル:登山 面白山
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 二口山塊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。