2013年03月30日

平野山(274.5M)'13.03

山域:寒河江
アクセス:寒河江市清助新田
天気:晴れ
行程:道路脇(14:08)-神社前(14:29)-愛宕神社-三角点(14:45)-休憩-(15:00)-神社前(15:09)-道路脇(15:25)
コースタイム:三角点まで37分(トータル77分)※ペースゆっくり!
沿面距離:3.4km

P1250612_R.JPG

平野山(麓の果樹園から)


P1250613_R.JPG

山道に差し掛かるところから雪道になる

P1250614_R.JPG

山頂広場

P1250616_R.JPG

山頂(奥に三角点)

P1250618_R.JPG

いこいの森へ続く道

P1250619_R.JPG

山頂広場全景(葉山方面の眺めがいい)

P1250626_R.JPG

葉山

P1250628_R.JPG

山形神室〜雁戸山〜熊野岳(麓から東側の眺め)


感想:
大森山の後、寒河江市の里山三山?の一つである平野山に(´▽`)さんと向かう。ここも山頂へのルートがよくわからなかったが、(´▽`)さんの情報によると、山頂までしっかりとした道ができたとのこと(グーグル航空写真から)。ということで、その道が付けられている北側の清助新田からアプローチしてみることにした。車でどんどん進んで進退窮まるリスクを避け、はじめの田んぼの農道脇に車を停めてそこから歩く。車1台幅の舗装された道を進む。大型車は通行不可。周りは果樹園、水田。道路脇にはフキノトウがでていた。東側は黒伏系、面白山、蔵王が一望できる。どんどん道を進むと、次第に雪が現れる。道もダート系になるが、雪に完全に覆われて冬山の姿に。北側の斜面だけあって雪深い。時折踝まで埋まる。まさか今日残雪の山を登るとは思わなかった。くたびれた靴だったので、中が次第に濡れてきた。くねくねの雪道をずっと登ると、鳥居、展望台等のある山頂広場に到着。そして三角点の方に行くと、その先に登山道(遊歩道)らしきものがずっと向こうの尾根に続いていた。いこいの森までつながっているのだろう。鳥居の方に戻り、周囲を散策。鳥居等は真新しく、近年整備された様。展望台は残念ながら雪囲いで封鎖中。朝日方面は木々で見えないが、葉山が大きく見えていい感じ。月山は少し木が邪魔か。ここはまだ整備途上の様で、植樹された苗木が多数あった。ここまでの道沿いにも桜と思われる小さな木が植えられていた。葉山の眺望ポイントしては中々いい感じ。久々の雪歩きが面白かった。
posted by kei at 23:00| Comment(0) | 寒河江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。