2012年09月17日

大頭森山(983.8M)'12.09

山域:朝日
アクセス:大江町大頭森山自然公園駐車場
天気:曇り〜晴れ
行程:駐車場(8:38)-遊歩道入口(8:39)-三角点(8:54)-展望台-(10:51)-遊歩道入口(11:04)-駐車場(11:05)
コースタイム:山頂まで16分(トータル147分)
沿面距離:2.2km
放射線量:駐車場(0.04)、〜三角点(0.03-0.05)、展望台(0.02-0.03)
※GammaRAE II Rによる簡易測定(単位:μSv/h)

IMGP9262_R.JPG

小朝日〜大朝日〜中岳〜竜門山方面の眺め


IMGP9051_R.JPG

駐車場から北側にある遊歩道入口へ向かう(少し車道を歩く)

IMGP9052_R.JPG

遊歩道入口

IMGP9063_R.JPG

荒れている

IMGP9076_R.JPG

展望台から広場の眺め(山座盤が設置されている)

IMGP9081_R.JPG

はじめガスっていたが。。

IMGP9101_R.JPG

次第に取れてきた(寒江山方面)

IMGP9310_R.JPG

朝日連峰(鳥原山〜以東岳)

IMGP9319_R.JPG

以東岳〜竜ヶ岳〜障子ヶ岳〜小障子〜紫ナデ

IMGP9302_R.JPG

山形盆地方面の眺め

IMGP9325_R.JPG

展望台


感想:
前日に汗をかきすぎたので、朝日連峰の展望台の一つである大頭森山でのんびりと山並みを見に行くことにした。やや藪状になった遊歩道を少し歩くと大きな展望台のある山頂にでる。あいにくガスっており、眺望がない状態。風がそこそこあり、雲の流れがはやい。待っていれば、雲が取れそうだったので、のんびり待つことにした。で待つこと約40分。。雲が次第に薄くなり、日差しが差し込むようになった。そして朝日の山肌も少しずづ見え始めた。東側を見ると奥羽山脈〜山形盆地が見渡せるようになった。しばらく待っていると、朝日山頂にかかっていた雲も取れてきて、その全貌が見えるようになった。頭殿山からの迫力のある眺めには一歩及ばないが、連峰のほぼ全体を見渡せる点では上。特に障子ヶ岳方面の荒々しい姿は新鮮。歩いている時はよく分からなかった小障子も、ここからだとピークとして認識できる。さらに待っていると以東岳も見えてきた。月山方面は残念ながら雲が取れずにその姿を見ることはできなかったが、やっと大頭森山からの展望を楽しむことができた。
ラベル:大頭森山
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。