2012年07月28日

飯豊本山〜御西岳(2105.1M)'12.07

山域:飯豊
アクセス:飯豊町大日杉(中津川口)
天気:晴れ〜曇り(暑い!)
行程:駐車場(4:29)-登山口(4:31)-1409M(5:55)-地蔵岳(6:17)-目洗清水(6:54)-御沢分岐(7:29)-種蒔地蔵岳分岐(8:07)-切合小屋(8:10)-(8:15)-草履塚(8:40)-御秘所-本山小屋(9:34)-本山(9:45)-駒形山(9:57)-御西岳付近(10:32)-散策-三角点(10:37)-昼食等-(10:50)-駒形山(11:38)-(11:41)-本山(11:59)-(12:07)-本山小屋(12:23)-草履塚(13:13)-切合小屋(13:42)-(13:46)-種蒔地蔵岳分岐(13:49)-御沢分岐(14:19)-目洗清水(14:52)-地蔵岳(15:37)-(15:39)-1409M(15:55)-御田(16:24)-長之助清水(16:32)-登山口(17:04)-駐車場(17:11)
コースタイム:本山まで316分、御西まで363分(トータル762分)
沿面距離:29.1km

IMGP6248_R.JPG

ハクサンコザクラ


IMGP5896_R.JPG

日の出

IMGP5900_R.JPG

地蔵岳手前から本山

IMGP5915_R.JPG

地蔵岳過ぎからの長い稜線の眺め

IMGP5918_R.JPG

目洗清水から

IMGP5931_R.JPG

御沢分岐過ぎの巻き道

IMGP5938_R.JPG

種蒔地蔵分岐から(大日岳は見えず)

IMGP5942_R.JPG

咲き乱れる花々

IMGP5945_R.JPG

切合小屋にて

IMGP5952_R.JPG

ハクサンコザクラ

IMGP6220_R.JPG


IMGP5954_R.JPG

チングルマ(沢山咲いていた)

IMGP5963_R.JPG

草履塚過ぎから御前坂への眺め

IMGP5969_R.JPG

イワオウギ(御前坂にて)

IMGP5982_R.JPG

チシマギキョウ(終わりかけ)

IMGP5984_R.JPG

本山手前

IMGP5997_R.JPG

御西に向かう登山道上の様子

IMGP6010_R.JPG

御西岳山頂

IMGP6047_R.JPG


IMGP6065_R.JPG

御西岳周辺にニッコウキスゲが群生していた

IMGP6079_R.JPG

駒形山〜本山〜飯豊山神社

IMGP6084_R.JPG

駒形山〜本山

IMGP6094_R.JPG

オヤマノエンドウ

IMGP6106_R.JPG

駒形山から本山〜ダイグラ尾根

IMGP6109_R.JPG

マルバコゴメグサ?

IMGP6115_R.JPG

イイデリンドウ

IMGP6175_R.JPG

タカネツメクサ(御前坂にて)

IMGP6228_R.JPG

タカネマツムシソウ(あちこちに咲いていた)

IMGP6236_R.JPG

クルマユリ

IMGP6252_R.JPG

ヒメサユリ

IMGP6258_R.JPG

ミヤマリンドウ

IMGP6300_R.JPG

地蔵岳過ぎから地蔵岳、本山

IMGP6319_R.JPG

ザンゲ坂

IMGP6326_R.JPG


感想:
暑くなる前に稜線上まで行こうと思い早めに出発。しかし歩いて間もなく蒸し暑く感じた。体力の消耗を抑えるべく、ザンゲ坂を過ぎてからはダブルストックで行く。がペースが上がらず途中で引き返そうかと思ったぐらい。1000Mを越えたあたりから幾分気温が下がったようで多少持ち直す。地蔵岳付近からは風がでて心地よく感じた。この辺りからトンボが沢山飛んでいた。遠くの山は白んで見えない。これからの暑さを予感させるようだった。稜線上はミヤマクルマバナ等が満開。ニガナは終わりかけ。まだ咲いているヒメサユリもあった。御坪付近ではタカネマツムシソウが咲き始め。御沢コースは通らず巻き道を行く。沢付近にはチングルマ等が咲いており爽やかな感じ。開けたところにはニッコウキスゲ、ヒメサユリも咲いていた。少し先に行くと視界に紫色の小さな花が入った。ハクサンコザクラが少しだけ咲いていた。今シーズンはこの花も見るのも目標だったので感無量。ヒナザクラより一二回り大きく、鮮やかな色合いが映える。そこから少し行くと雪渓が一部残った所があったので、トラバースしながら慎重に進む。主稜線上はお花畑。タカネマツムシソウ、セリ科の花等が沢山咲いていた。切合で一息入れてから、本山に向かう。行く途中またハクサンコザクラを発見。途中の斜面にも少し雪渓が残っていたが、緩やかなので問題なし。側にはシラネアオイ等も咲いていた。登山道沿いは大群生とまではいかないが、沢山の花が咲いていて、歩いていて心が和む。御前坂にはタカネツメクサ、イワオウギ、そして終わりかけのチシマギキョウが咲いていた。登りきると雲が多く眺望は望めそうもなかった。ヒナウスユキソウは終わりかけ。本山の方に進むとイイデリンドウが咲いていた。また南斜面側にはニッコウキスゲがそこそこまとまって咲いているのも見えた。眺望がないこともあり、本山はすぐ通過して御西方面に進む。ガスっていて映えがいまいちだが、御西付近のニッコウキスゲは見事。御西の道標付近で三角点探索。何とか無事発見。御西小屋に行くか迷ったが、ここまで予想以上に時間がかかったこと、縦走してきた登山者の話から、そんなに珍しい花も咲いてなさそう(目的のハクサンコザクラはもう見た)なので、ここで引き返すことにした。帰りは植生をじっくり観察しながら行く。戻る頃は幾分ガスが取れて本山も多少見渡せるようになった。本山付近はチシマギキョウが目立ったが、終わりかけのため新鮮な株が少ない、マルバコゴメグサ?もそこそこある。水がなくなったので切合小屋で水を補給し下山。予定より時間がかかったこもあって急いで下りる。ここまで風がないところは稜線上でも暑く感じたので、下の方が不安だったが、15時過ぎぐらいからやや暑さが和らいで助かった。が最後のザンゲ坂でトラブル。鎖場で汗で手がすべり、50cmぐらい滑落した。幸いなことにひじを少し打ったぐらいで、大事に至らず。手袋をしなかったのはまずかった。反省。今日は今までの山登りで一番疲れた。眺望はなかったが、ハイシーズンの色々な花を見ることができて大変充実した一日を過ごせた。
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 飯豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。