2012年06月30日

障子ヶ岳(1481.5M)'12.06

山域:朝日
アクセス:西川町大井沢 南俣沢出会
天気:晴れ〜曇り〜晴れ
行程:駐車場(5:40)-障子ヶ岳登山口(5:56)-徒渉(6:03)-大クビト(7:25)-紫ナデ(7:57)-小障子-障子ヶ岳(8:51)-(9:55)-障子ヶ池付近(10:20)-粟畑(10:54)-天狗角力取山(11:04)-昼食-(11:13)-天狗小屋(11:21)-粟畑(11:43)-猟師の水場-竜ヶ岳尾根分岐付近(13:06)-天狗登山口(13:50)-駐車場(13:56)
コースタイム:障子ヶ岳まで191分(トータル496分)
沿面距離:17.7km
放射線量:駐車場(0.06〜0.07μSv/h)、〜障子ヶ岳(0.03〜0.07μSv/h)、障子ヶ岳(0.05〜0.08μSv/h)、〜粟畑(0.03〜0.06μSv/h)、粟畑(0.04〜0.08μSv/h)、〜天狗力取山(0.05〜0.07μSv/h)、天狗小屋(0.05μSv/h)、水場付近(0.14〜0.08μSv/h)、〜天狗登山口(0.03〜0.07μSv/h:概ね0.03〜0.05μSv/h)、〜駐車場(0.05〜0.06μSv/h)※GammaRAE II Rによる簡易測定

IMGP3793_R.JPG

障子ヶ岳のヒメサユリロード


IMGP3445_R.JPG

徒渉

IMGP3447_R.JPG

樹林帯をひたすら登る

IMGP3463_R.JPG

ある程度登ると見晴がいい場所がでてくる

IMGP3477_R.JPG

ヒメサユリ

IMGP3499_R.JPG

残雪があるところもある

IMGP3503_R.JPG

ようやく上部が見えてきた

IMGP3506_R.JPG


IMGP3530_R.JPG


IMGP3536_R.JPG

紫ナデ手前にそこそこまとまって咲いている

IMGP3538_R.JPG

晴れているが、山の上部に雲がかかっている

IMGP3568_R.JPG

紫ナデ

IMGP3586_R.JPG

近づくほど見通しが悪くなった

IMGP3619_R.JPG

ゴゼンタチバナの群生

IMGP3622_R.JPG

障子ヶ岳山頂(ガスって何も見えない)

IMGP3677_R.JPG

以東岳(待つこと1時間ほどでようやく)

IMGP3689_R.JPG

いたるところに咲いている

IMGP3692_R.JPG


IMGP3694_R.JPG

稜線上から以東岳(だいぶ晴れてきた)

IMGP3746_R.JPG

障子ヶ池

IMGP3772_R.JPG

障子ヶ岳

IMGP3777_R.JPG

天狗方面

IMGP3801_R.JPG

天狗角力取山

IMGP3810_R.JPG

天狗角力取山から障子ヶ岳

IMGP3822_R.JPG

大朝日方面

IMGP3865_R.JPG

粟畑過ぎから障子ヶ岳(右端に月山)

IMGP3893_R.JPG

トキソウ

IMGP3908_R.JPG


IMGP3923_R.JPG

ミズバショウの群生


感想:
主稜線のヒメサユリの盛りはもう少し先?障子ヶ岳なら今が見頃?そういえばこの時期、ここしばらく登ったことなかったなあということで選択。周回コースをどっち回りでいくか悩んだが、山頂からの眺めを早く見たいこともあって、反時計回りで行くことにした。出だしは樹林帯の中だが、蒸し暑く感じる。やはり晩秋とは全然違う。へばりながら登っていくと、最初のロープのところでヒメサユリがあった。そこから先にも地面が砂、岩状で開けたところに、ポツポツと咲いていた。意表を突かれた分モチベーションが上がった。さらに先に進み、大クビト手前付近までくると、曇ってきたせいか涼しくなった。紫ナデ少し手前で樹林帯を抜けると、青空が広がり稜線の景色が見えてきた。が障子ヶ岳等高い山は雲の中。晴れることを期待して先を進む。ここら辺りはヒメサユリの群生地。朝日より小ぶりだが、数が多く見応え十分。稜線上の登山道沿いは他にアカモノ(開けたところ)、イワカガミ、マイヅルソウ等、サラサドウダンもポツポツ。障子ヶ岳近くになると、ゴゼンタチバナが群生しているところが目立つ。ここまで多いのも珍しい。山頂に近づくほどガスって、ここ独特の切れ落ちた山肌は見えない、山頂も同様ガスの中、谷底から次々雲が湧きあがり展望O。狭い山頂には一輪のヒメサユリが咲いていた。他はマルバシモツケ。せめて以東岳の姿が見えるまでと粘った。待っていると途中で追い抜いた方もやってきて残念そう。時折雲が薄くなる時はあったが晴れる気配はない。1時間ぐらいしてもうだめかと下山しようとした時ようやくガスが取れて以東岳が姿を現した。山頂から粟畑方面に下ると、雲がどんどん取れてきて稜線が見渡せるようになった。障子ヶ池を過ぎたちょっとしたピーク上で反対周りできた一組が休憩中だった。話を聞くとこっちのルートはずっと晴れていたとのことで、ルート選択ミスをしたかと少し後悔。ここから少し行くとまたヒメサユリの群生。ほんとうにここの登山道沿いに多い。歩いていて楽しくなった。粟畑から直ぐ下りず、天狗の方に足を延ばす。ここの登山道沿いは、ツマトリソウが多い。他にはイワイチョウ、ミツバオウレン、ショウジョウバカマ等も。天狗山頂付近の開けた登山道沿いはヒメサユリもそこそこあった。粟畑から竜ヶ岳方面に行く登山道沿いにもヒメサユリがそれなりに咲いていた。そしてトキソウも数株。少し行くとあとは樹林帯のゆるやな登山道になる。途中の雪が融け始めた場所にはミズバショウ、ニリンソウ等が群生しているところもあった。人は数組しか会わず、朝日の山とは思えない静かな山歩きが楽しめた。こんなに沢山の花が見れたのも予想外。途中までの眺望は残念だったが、満足な一日だった。
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 朝日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。