2009年10月12日

北股岳(2024.9M)'09.10

山域:飯豊
アクセス:小国町飯豊山荘
天気:晴れ〜曇り
行程:駐車場(6:10)-梶川口(6:12)-湯沢峰(7:10)-滝見分岐(7:34)-五郎清水分岐(8:02)-梶川峰(8:40)-扇ノ地紙(9:14)-胎内山(9:18)-門内小屋前(9:28)-門内岳(9:31)-北股岳(10:12)-下山(10:19)-門内岳(10:54)-門内小屋-胎内山(11:14)-扇ノ地紙(11:19)-地神山(11:45)-昼食-地神北峰(12:02)-丸森峰(12:32)-夫婦清水(13:16)-丸森口(14:16)-駐車場(14:17)
コースタイム:扇ノ地紙まで184分、北股岳まで242分(トータル487分)
沿面距離:19km

P1150346_R.JPG

滝見場から石転び沢


P1150307_R.JPG

橋を越えてすぐ右に梶川口

P1150313_R.JPG

出だしから急坂が続く

P1150317_R.JPG

少し登って振り返る(高度感がある)

P1150324_R.JPG

湯沢峰から主稜線の様子

P1150350_R.JPG

まだまだ登る

P1150369_R.JPG


P1150393_R.JPG

梶川峰から(主稜線は雲の中)

P1150396_R.JPG

池塘に薄氷

P1150405_R.JPG

ガスってきた

P1150419_R.JPG

雲の中

P1150456_R.JPG

北股岳山頂(初雪)

P1150537_R.JPG

雲が途切れてきた

P1150567_R.JPG

丸森尾根を下る

P1150562_R.JPG

梶川尾根側の谷底の様子

P1150580_R.JPG

雲の下に出る

P1150587_R.JPG

丸森峰から下りてきた道を振り返る

P1150628_R.JPG

丸森尾根上からダイグラ尾根


感想:
天気予報で好天が望めそうなので決行。梶川尾根は出だしから噂通りの急坂が続き、結構しぼられる。基本的に樹林帯の中を進むが、時折見える景色に高度感を感じる。滝見場から見た石転び沢にはまだ雪渓が残っていた。そして稜線上には厚い雲がかかっており嫌な予感。急坂を登りきると梶川峰に到着。ここからはなだらかになる。どんよりとした天候で下とは大違い。上部は草紅葉がはじまっており、池塘には薄氷がはっていた。そして扇ノ地紙付近からはガスの中。門内岳でダイグラから登って来た人と話をしたところ、本山は初雪があったようで、稜線は雲の中とのことだった。どうするかしばらく悩んだが、時間もあるので行ってみることにした。時折ガスが薄れるところもあったが展望はない。ようやく北股岳にたどり着くと雪が少し積もっていた。風が強いので早々に撤収。ここからの展望はまたの機会。帰りは丸森尾根から下る。梶川と似た尾根とのことだったが、上部はガレ場に近く少し歩き難い。また梶川尾根より急坂が続く感じがした。途中で見た石転び沢、ダイグラ尾根は何時か登ってみたい。
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 飯豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。