2012年05月20日

火打岳(1237.9M)'12.05

山域:神室
アクセス:最上町親倉見
天気:晴れ
行程:駐車場(8:02)-登山口(8:05)-尾根上(8:10)-沼-槍ヶ先(9:39)-(9:41)-中先(10:10)-大尺山(10:30)-(10:38)-火打岳(11:03)-昼食-下山(11:45)-大尺山(12:13)-(12:17)-中先(12:41)-槍ヶ先(13:06)-(13:13)-沼-登山口(14:14)-駐車場(14:18)
コースタイム:山頂まで181分(トータル376分)
沿面距離:13.5km

IMGP0799_R.JPG

火打岳から小又山、神室山



IMGP0567_R.JPG

スタート

IMGP0572_R.JPG

新緑の尾根道を進む

IMGP0578_R.JPG


IMGP1050_R.JPG

巻き道の残雪

IMGP0589_R.JPG


IMGP0604_R.JPG

新緑が爽やか

IMGP0623_R.JPG

槍ヶ先

IMGP0633_R.JPG

鳥海山

IMGP0630_R.JPG

八森山

IMGP0637_R.JPG

大尺山へ向かう

IMGP0656_R.JPG

谷底の様子

IMGP0718_R.JPG

大尺山から神室連峰

IMGP0741_R.JPG

火打岳直下

IMGP0749_R.JPG

火打岳山頂(虫が沢山)

IMGP0795_R.JPG

台山〜神室山〜天狗森〜小又山の眺め

IMGP0850_R.JPG


IMGP0768_R.JPG

小又山(奥に毛虎山、栗駒山)

IMGP0864_R.JPG

大尺山方面の眺め

IMGP0783_R.JPG

大尺山(奥に翁山、船形山)

IMGP0785_R.JPG

台山

IMGP0857_R.JPG

鳥海山と丁山地

IMGP0774_R.JPG

月山、葉山(間に朝日連峰)

IMGP0875_R.JPG

キクザキイチゲ

IMGP0892_R.JPG

ミネザクラ

IMGP0953_R.JPG

カタクリ

IMGP0985_R.JPG


IMGP1000_R.JPG

シラネアオイ

IMGP1012_R.JPG

槍ヶ先から八森山

IMGP1020_R.JPG

槍ヶ先から最上町方面


感想:
積雪シーズンに行く予定だったが、スキーに熱中し過ぎて時期を逃し、気が付いたら5月も中旬。遅まきながらようやく神室の山。ある程度尾根道を登り、2つ目の巻き道から少し雪が現れる。木々が登山路に覆いかぶさって通り難くなったところがあったので、少し慎重に行く。傾斜が緩やかなところは、そんなに大変ではないのだが、少しきつくなると日差しが強いこともあって、暑さでまいる。風もないので大変。槍ヶ先手前で少しバテ気味になってしまった。しかし槍ヶ先上に着くと、裾野までくっきり見える鳥海山、丁山地、月山、葉山等が見えて力が湧いてきた。今日の天気から期待はしていたが、ここまで予想通りだとうれしい。稜線上はカタクリ、キクザキイチゲ等が見頃。狭い登山道に沿って咲いているので、踏まないように歩くのが大変。稜線上も風がほとんどないこともあって、登り坂にさしかかると暑さでへばってペースが落ちる。虫も多くすぐ顔の周りに寄ってきてすごくうざい。やっと大尺山までたどり着き、3年ぶりの残雪と新緑の眺め。神室の眺めはここが一番だと思うが、この時期はさらに素晴らしく感じる。しばらく堪能してから火打に向かう。火打岳山頂まで来ると台山方面の眺めが広がる。ここの景色も素晴らしい。一年前の周回を思い浮かべながら景色を眺めた。さて今年はどうするか。帰りは咲いてる花をよく観察しながら進む。槍ヶ先からの下りはトレーニングを兼ねて少しペースを上げて下りた。今日は火打までは誰も来なかったが、槍ヶ先まではそこそこ人が登った様子だった。また登っている最中は気が付かなかったが、付きまとわれた虫に刺す虫がいたようで、何カ所かやられてしまった。(痛くはなかったのでブユではないとは思うが)もう山は虫の季節。これからはちゃんと防虫対策をしておかないと。
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 神室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。