2011年11月23日

水晶山(667.9M)'11.11

山域:二口山塊
アクセス:天童市川原子
天気:晴れ
行程:登山口(10:07)-見晴台(10:29)-神社(10:36)-頂上(10:38)-御室-乳母の乳手前-神社(11:10)-見晴台(11:18)-登山口(11:37)
コースタイム:山頂まで31分(トータル90分)
沿面距離:2.9km
放射線量:駐車場(0.10μSv/h)、登山道(0.10〜0.16μSv/h)、山頂(0.10μSv/h)※GammaRAE II Rによる簡易測定


IMGP9755_R.JPG

登山道上から(奥に鳥海山)



IMGP9565_R.JPG

ここからスタート

IMGP9574_R.JPG

濡れ落ち葉が沢山

IMGP9593_R.JPG

見晴台から月山、葉山

IMGP9601_R.JPG

雪は少し

IMGP9603_R.JPG

水晶山神社

IMGP9610_R.JPG

山頂から面白山方面

IMGP9621_R.JPG

船形山方面

IMGP9624_R.JPG

奥が船形山

IMGP9633_R.JPG

何時かは登りたい堂木沢山

IMGP9648_R.JPG

月山、葉山

IMGP9682_R.JPG

朝日連峰

IMGP9687_R.JPG

左側が甑岳

IMGP9696_R.JPG

月山、葉山、鳥海山


感想:
今年は10月中旬から天気がいまいちな日が多く、なかなか山に行けない。やっと晴れ間に恵まれそうだが、冬タイヤの交換がまだなので、山深いところには行けそうもない。そこで展望がよさそうな里山で、最近行っていなかった水晶山に行くことにした。登山口周辺の山肌には少し雪が垣間見えたが、登山道には雪はなく、湿ったナラ、朴の木等の落ち葉が積もった程度。ただ滑りやすいので慎重に進む。見晴台まで近づくと、木々の間から、雪を被った月山、葉山、朝日の山並みが見えた。遠くの山並みはこの季節が一番美しく感じる。山頂近くなると、雪の量も少し増え、一部1cm程度積もったところもあった。山頂は7名程度のグループが先着していた。入れ違いで山頂に入る。ここの山頂は狭く、南側は木や岩があるのでそっち方面の展望はOだが、船形方面〜面白山方面は開けているので、そこからの眺めはいい。船形山はそこそこ白いが、黒伏付近はやや白くなった程度(に見える)。面白山は木々がすっかり白くなっており、天童高原スキー場の斜面は道路以外ほぼ白くなっていた。少し眺めていると鳥海方面の雲が取れてきて、鳥海山の姿も見えてきた。月山同様すっかり冬山の様。しばらく景色を堪能してから下山。いよいよ雪山シーズン到来か。
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 二口山塊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。