2011年09月04日

河島山(194.3M)'11.09

山域:村山
アクセス:村山市河島 農村文化保存伝承館駐車場
天気:曇り
行程:駐車場(14:34)-入口分岐(14:38)-展望台(14:42)-竜神の吊橋分岐(14:55)-一の丸標識(15:03)-探索-三角点(15:09)-一の丸標識(15:15)-再探索-(15:25)-竜神の吊橋分岐(15:32)-入口分岐(15:41)-駐車場(15:46)
コースタイム:三角点まで35分(トータル72分)※ペースゆっくり
沿面距離:2.3km
放射線量:駐車場(0.07〜0.10μSv/h)、河島山(0.08〜0.12μSv/h、尾根道は約0.08〜0.09μSv/h、谷道は約0.10〜0.12μSv/h)※GammaRAE II Rによる簡易測定


IMGP4479_R.JPG

河島山




IMGP4429_R.JPG

スキー場?脇を行く

IMGP4431_R.JPG

登りは基本的に階段

IMGP4432_R.JPG

登ってすぐの展望台

IMGP4437_R.JPG

途中で最上川が見えた

IMGP4440_R.JPG


IMGP4458_R.JPG

一の丸標識

IMGP4456_R.JPG

藪になる

IMGP4442_R.JPG

三角点(山頂)


感想:
藪山と思い登るのを諦めてた山。しかし登山道があるとの三角点ハンターさんの情報を得て、楯山のついでに行ってみた。立派な駐車場、休憩所等このクラスの山とは思えない。登山道も広く遊歩道といった感じ。道脇にはきのこがぽつぽつ生えていた。ただ人が余り通らないようなので所々クモの巣があり、途中何回か引っかかった。上の方まで行くと、道は山頂を通過しないで巻いて別のところに通じているようだったので、山頂の三角点を探索した。一の丸標識の先が山頂のようなのでそこを進んだがすぐ藪になった。せっかくなので藪を漕いで先を行くと、枯れ沢のような窪み(堀跡?)がありそこから右にいって少し登った先に三角点があった。藪の程度はそれほどでもないのだが、クモの巣が密集していて進むのが大変だった。周りは林に覆われて展望はない。ここからの甑岳の眺めを少し期待していたのだが残念。周囲には微妙に踏み跡もあり他の場所にも行けそうだったが、蚊がうるさいので今回はここまでとした。案内板を見ると初夏にはヒメサユリ等も咲くようなので機会があったらまた来てみたい。放射線量はここも問題ないレベルか。
ラベル:村山 河島山 登山
posted by kei at 22:00| Comment(0) | 村山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。