2011年06月19日

北股岳(2024.9M)'11.06

山域:飯豊
アクセス:小国町飯豊山荘
天気:晴れ
行程:駐車場(5:34)-砂防ダム(6:05)-雪渓はじめ(6:50)-雪渓歩き開始(7:02)-石転ビ沢出合付近(7:25)-草付き(9:02頃)-梅花皮小屋前(9:28)-小休止-出発(9:39)-北股岳(10:08)-小休止-出発(10:24)-門内岳(11:13)-門内小屋-胎内山-扇ノ地紙(11:41)-尾根上(11:43)-昼食-出発(11:51)-梶川峰(12:17)-滝見場(13:14)-湯沢峰(13:39)-駐車場(14:37)
コースタイム:梅花皮小屋まで234分、北股岳まで274分(トータル543分)
沿面距離:18.8km

IMGP9958_R.JPG

滝見場から石転ビ沢


IMGP9498_R.JPG

雪渓はじめ

IMGP9514_R.JPG

雪渓歩きスタート

IMGP9518_R.JPG


IMGP9527_R.JPG


IMGP9552_R.JPG

草付きから下部を眺める

IMGP9563_R.JPG

もう少し

IMGP9568_R.JPG

雪渓上部から

IMGP9582_R.JPG

梅花皮小屋から大日岳

IMGP9599_R.JPG

北股岳

IMGP9705_R.JPG

北股岳山頂から本山〜大日岳

IMGP9788_R.JPG

ギルダ原付近から二王子岳方面

IMGP9867_R.JPG

梶川尾根上部から飯豊の山々


感想:
昨年行く予定だったが、腸脛靱帯炎のため断念したコース。今回は天候もいいようなので満を持して行く。長い林道〜渓流沿いの道を行くと、雪渓が現われる。雪渓出だしは割れ目があって危険と判断し、梶川出合付近から雪渓歩きをスタート。沢沿いなので風が冷たくて心地いい。上部に行くと次第に傾斜が増していき、疲労感が増してくる。草付きで一息入れて最後の登りをやっとの思いで登る。少し休憩してから北股岳を登る。意外にしんどいが山頂からの眺めはこれまたいい。しばし堪能してから梶川尾根に向かう。稜線はお花畑状態、特に二王子岳方面の眺めがきれいだった。梶川尾根沿いの登山道脇はこれまた様々の花が咲いており心が洗われるようだった。今までの山歩きでも一二を争う達成感と満足感。登って本当に良かった。

posted by kei at 22:00| Comment(0) | 飯豊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。